能登半島広域観光協会(通称:能半(のうはん))のスタッフによる能登の紹介・つぶやきなど。

by npta5

能登演劇堂

a0326912_16474717.jpg
a0326912_16475588.jpg
金曜日から始まります。すごい人気らしく、わたしの知り合いは、熊本県から、観に来られるんですよ~
a0326912_16480774.jpg
a0326912_16481580.jpg
一年を通して、いろいろなお芝居をやってらしゃいます。

[PR]
# by npta5 | 2015-08-04 16:49 | 観光 | Comments(0)

道の駅めぐり

a0326912_15514050.jpg
先日、能登空港におりましたら、
道の駅をめぐっているご夫婦に出会いました。
板を準備して、それぞれの道の駅の方へスタンプとサインをもらってまわっているそうです。
a0326912_15531650.jpg
a0326912_15532408.jpg
お二人は、新潟県から来られたそうで、朱鷺の書かれた紙袋に板と筆ペンをちゃんと用意して
いらっしゃいましたよ。ちょうど、道の駅駅長がいらっしゃいましたので、
書いていただいたそうです。駅長さんも、初めての経験だとおっしゃっていました。
今日もまた、どこかの道の駅へ行っているかもしれません。

[PR]
# by npta5 | 2015-08-04 15:50 | つぶやき | Comments(0)

お得情報~♪

a0326912_15554339.jpg
このパンフレットをもっていくと、
粗品がもらえるんだって。
今回は、このおせんべい。
a0326912_15563279.jpg
a0326912_15563834.jpg
「味知の駅能登 能海山市場」・・・・能登町天坂
か「能登里山里海市場」・・・・・・近江町市場地下一階
へお持ちになると、もれなくプレゼントがあたります。

[PR]
# by npta5 | 2015-08-04 11:55 | つぶやき | Comments(0)

松島海水浴場

こんにちは!YKKです!
夏といえば、海ですよね(^O^)/

「松島やああ松島や松島や」は宮城県ですが

能登で松島といえば能登島の東に位置する松島海水浴場ではないでしょうか
能登島の松島もとてもきれいなところです



a0326912_10033712.jpg

きれいな海です!ああ松島や…ではなく、
イェイ松島や!!という気分です

a0326912_10033717.jpg
松島です
橋がかかっており渡ることができます
周辺にはたくさんの小魚が泳いでいます


海辺には松がたくさん植わっていて荷物置きや休憩の日よけにちょうどいいです
a0326912_10033770.jpg

砂浜というよりは、階段状になっていて海という感じです
a0326912_10033634.jpg
いきまーす!
a0326912_10033628.jpg
ブイの近くまで身長160センチの私でもだいたい足が届きます
浅めです!
a0326912_10033789.jpg
魚もいて、海はきれいで、キャンプ場も併設されていて
特に松島周辺は砂浜になっていて浅いのでお子様連れがたくさんでした!

写真より少し大きいくらいの海水浴の範囲が松島の反対側にもありますので、
意外と広い印象でした。
海の家?売店はきれいな建物の中でかき氷がおいしそうでしたよ
シャワー室は広めで、温水、無料です。
トイレもきれいでした。

キャンプ場が併設されているからか、清潔な水道も多く使いやすかったです。


海水浴場は、今年は8月16日まで(キャンプ場は4~11月)
料金は、入場料が大人(中学生以上)200円、以下は無料
駐車料金が、普通車800円、軽四・バイク500円でした。

設備からしても、駐車料入場料の価値ありではないでしょうか

詳細は、下記まで
能登島観光協会・松島海水浴場
http://www.notojima.org/highlight/2889.html

[PR]
# by npta5 | 2015-08-03 10:37 | 観光 | Comments(0)
今週から、朝ドラ「まれ」に強烈な義母さまが登場しております。
a0326912_13245909.jpg
嫁には、ビシビシと檄を飛ばし、旦那と息子には、甘々という、絵に描いたような姑です。
わたしは、かつて嫁を経験し、今は姑の立場なので、どちらの言いたいこともわかるし、
ある意味、わかりやすくて、テレビっぽくて、面白く毎日拝見しているのですが、

今日、お客様から、お問い合わせのメールをいただきまして・・・・

「このような陰険な嫁いびりは、能登の文化なのですか?(中略)
・・・・・・・ だとしたら、能登に行きたくありません。 残念です。」と。。。。。

もちろん、みなさん、お分かりのとおり、能登にはそのような文化はございません。
どちらかというと、お人よしで、お節介で、あったかいという言葉ではよく表せられるのですが、
まったく逆のような、、、、ひどく誤解を招いている状態なので、驚きました。
わたしなりにお返事を書きましたが、うまく伝わればよいのですが。。。

わたし自身も、嫁時代は、料理の基礎から、割と厳しく、教えてもらいました。
しかし、わたしの義両親は、能登の人ではありません。
ですから、広い日本・世界の中には、嫁いびりも存在するとは思います。
しかし、どこの地域に限ったお話ではありません。
今回の陰険な嫁いびりは、ドラマの脚本であって、実際、モデルがいるわけでもなく
そのような風習や伝統が残っているわけでもありません。
能登の地を一度も踏まずして、間違った誤解をされてしまうのは、とても残念です。

わたしの母は、お道具を持って嫁いでこなかった弟の嫁に、着物を誂え、
実の娘の私よりも、それはそれは大事にしています。
「娘が一人増えたつもりで」と思っているのだと思います。
能登の女性は、「あったかい」と言われることはあっても、
「陰険」などとは、ほど遠いと感じています。
ぜひ、それだけはわかってほしいのです。

考え方を変えれば、それだけ、藤吉久美子さんの演技が迫真に近く、能登弁もとても上手で
説得力があるということになると思います。
どちらにしても、「まれ」に再注目です。

a0326912_13243678.jpg
a0326912_13245021.jpg


[PR]
# by npta5 | 2015-07-31 13:29 | つぶやき | Comments(0)